投資を始めるにも何かと不安は大きいもの。始めるのは簡単かもしれない。ただお金が絡めば話は別。しかしそれでも、資産が億単位の投資家だっている訳です。誰しもスタートは一緒です。あなただって今そこに立っているんですよ。さぁ、投資を始めるなら今だ!

投資の相談に金融機関の窓口は危険

金融機関は投資の知識がある専門家といえますが、それと同様にセールスマンであることを忘れてはいけません。
投資家に金融商品を売買してもらえれば、委託手数料が入ります。また、新規発行の株式や債券を売り出す目的で、それらを全部もしくは一部を買取り、投資家に売る引き受けという業務があります。引き受けた株式や債券はすべて売らなければいけないため、投資家に強く勧めることがあります。
アメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェットの名言に「ウォール街や証券会社のセールスマンに今の推奨銘柄は何でしょうか?と聞くことは、床屋に行って今日は散髪したほうがいいかと聞くようなものだ。」という名言があるように、金融機関の窓口で投資の相談をするということは、金融商品を買ってもらうような話になります。
セールスマンにもいろいろなタイプがいます。将来の経済状況の予測と金融資産のリスク要因をしっかり説明した上で、金融商品を勧めるのであれば良いのですが、利益になる要因だけを説明して、リスク要因などは投資家が細かく質問しない限りは言わないようなセールスマンもいます。この場合は良いセールスマンと悪いセールスマンと区別がつきやすいですが、短期の資産運用に適している流行に敏感なセールスマンもいれば、長期の運用に適している長期的な経済状況を見られるセールスマンもいます。
投資家が短期的な資産運用に興味があれば、前者のセールスマンに対して、良いイメージを持てますが、長期的な資産運用に興味があれば、前者のセールスマンに対して、あまり良いイメージを持たないでしょう。
セールスマンのタイプを見極められない場合には、金融機関の窓口の相談は危険がないとはいいきれません。

投資して短期間で大儲けという夢は捨てる

投資を始める目的はお金を稼ぎたいという場合は多いですが、なかでも短期間で一攫千金を夢見ている人が一定数います。しかし、株式や債券、不動産などの投資において、短期間で大儲けすることはほぼ不可能なのです。
なぜなら、投資で大金を稼ぐには資金量と取引経験、そして相場の波を読み切るセンスが必要になるためです。これらの要素は時間を掛けて多くの取引をこなしていくことで育つものなので、短期間で大金を稼ぐことはできないということになります。
時折、仕手銘柄やビッグニュースを発表した企業の銘柄が急騰して10倍以上の株価が付くことがあります。こういった銘柄を取引できれば短期間で大儲けできると考える人がいますが、それは現実的ではありません。急騰する銘柄の絶対数が少ないため、センスがなければ株価が上昇する前にタイミング良くその株式を購入できることはまれで、多くの場合は急騰した後に購入することになります。すると、自分が買った途端に盛り上がりが終わって購入価額よりも安く手放すことを余儀なくされてしまいます。また、投資できる資金量が少なければ極わずかな株数しか購入できず、取引利益も少額になるのです。
不動産投資の場合も同様で、不動産取引を多く経験して良い物件を見抜く目を養わなければ利益幅が大きい物件を見つけることができず、元手となる資金がなければ良い物件を見つけたとしても購入することができません。さらに、不動産は価格が景気動向に大きく影響を受けるため、経済状況と不動産相場を見極めるセンスを持っていなければ適切な時期に売買を行うことができないのです。
投資においては、短期間で大儲けという夢は捨て、地道に利益を上げることを目指すべきなのです。
投資の実力に不安があるならば、イーキャピタルやファーストリッチ投資顧問など、投資顧問の力を借りるのも1つの手でしょう。投資顧問には様々な特徴があり、中には悪徳業者も存在しているので、優良の投資顧問探しはランキングサイトを参考にしたり口コミ情報を参考にして自分の目的と投資顧問会社の特徴を合わせて依頼先を選ぶのが最も安全な方法です。

投資での知ったかぶりは損をする

投資での知識をひけらかすことには、何の得もないことを知っておくことが大事です。分からないことは素直に分からないと認めて勉強する謙虚さがまければ損をします。
けれどもある程度の投資経験を持つ人は、分からないことがあることを恥ずかしいと感じるようになります。知ったかぶりをするのはもちろんのこと、自分でそれを自覚しないので勉強することもしないわけです。知らないことを放置してしまうので、それが大きな損失につながってしまうわけです。特に独学で投資を身につけた人は、改めて基本的なことを勉強することはしないものです。ですが投資には、基本として知っておかなければならないことが多くあります。リスクを抑えることや損切りをすることなど、基本はしっかりと身につけることが重要です。というのも、例えば株式相場が急落した時に、反射的にポジションを解消する注文を入れることをしていかないために大きな損失につながる可能性が高まるわけです。
身についていれば、体がすぐに反応して注文を出せます。けれども基本が身についていなければ、頭で考えてしまうのでワンテンポ遅れることになります。そして様子見をするようになり、ずるずると下げ続ける相場を見ながらポジションを解消するタイミングをすっかり逃すことになります。
まずは投資セミナーなどに参加して、投資の基本をしっかりと身につけることが重要となります。それができない人は、つい知ったかぶりをしてしまいます。投資家としての経験があることを自慢したいので、分からないことがあっても聞くこともできず、後で勉強することもプライドが許さなくなります。その結果、ずっと基本から外れた投資を行い損失を出すことになります。