投資を始めるにも何かと不安は大きいもの。始めるのは簡単かもしれない。ただお金が絡めば話は別。しかしそれでも、資産が億単位の投資家だっている訳です。誰しもスタートは一緒です。あなただって今そこに立っているんですよ。さぁ、投資を始めるなら今だ!

三井住友フィナンシャルグループとアテクト投資情報

三井住友フィナンシャルグループはグループ傘下に金融事業を抱える持ち株会社で、グループ最大企業の三井住友銀行を筆頭にカード会社、リース会社、証券会社などを複数抱える金融事業を主軸とした企業です。
この企業は東証および名証1部銘柄に配置され、ニューヨーク市場にも上場する企業です。
株価は現在3000円台半ばで推移しており、2012年後半から株価を大きく上げ一時5000円台で推移し、2015年8月には5770円の高値を付けるもそこから3000円を割り込む局面まで株価は下がり、やや持ち直す展開となっています。
金融事業が軸となるこの企業は大型企業への融資が軟調であることが原因で株価の上値を重くしています。
金融業をメインとして大きく事業展開をするためリスクは常に隣り合わせで、ファンダメンタル要素に大きく影響を受けるため注意が必要です。
こまめな利益確定が損失リスクを回避しますが、6ヵ月足でやや上振れが見えますのでチャートの動きを監視して最適なポイントでの投資を心がけましょう。

アテクトは半導体保護材で業界1位の企業で、衛生検査器材はシャーレの製造をメインとする企業です。
アテクトの株価は800円近辺で推移しています。
アテクトの財務に目を向けると売り上げ規模に対して有利子負債が多く、財務面で不安定さが伺え、設備投資費や研究開発費が大きなウエイトを抱え、将来性の高い事業でありながら業績の伸び悩みが見え、株価を重くしています。
投資判断としては当面やや弱気と考えられます。
財務改善が見られた場合、買いのポイントとなりますが、短期投資で確実な利益確保心がけておくほうが良いでしょう。
急激な株価の動きとなることがありますので十分に注意して売買を行いましょう。